景観が大切|こだわりが詰まった家が欲しいなら注文住宅を購入しよう
部屋

こだわりが詰まった家が欲しいなら注文住宅を購入しよう

景観が大切

部屋

京都で新築をする場合は、他の都市で新築する場合に比べて制約が多いです。特に景観に関しては、一般の地域とは異なる取り決めなどが多いので、後で揉め事にならないように、新築する場所がどのような場所なのか知ることが大切です。地域ごとに、条例などで景観について細かく制定されている場合もあるので、事前にそのようなことを調べておくことも必要でしょう。もし、仕事の関係で京都に永住することになったけれど、京都の景観にこだわりがないならば、少し郊外に新築することを検討するのもアリです。そうすれば、制約もかなり減るので、自由な設計がしやすくなるでしょう。土地や施工単価も安くなる場合が多いので、通勤に困らない範囲であれば郊外に建てることを考えてみると良いでしょう。

京都は、昔ながらの和の造りの家が多いです。そのような家が集まって、より深い和の雰囲気を出しているのです。そのため、そのような地域に家を建てる場合は、全く同じ家とは言わなくても、周囲と調和が取れるようなデザインにすることが暗黙の了解となっているでしょう。もちろん、法律や条例で決まっていることもありますが、昔からその地区に住んでいる人にとっては、それが当たり前なのです。特に、京都中心の歴史的建造物等が近郊にある場所ほどその傾向が強いので、そのような場所を選ぶ場合は、自分自身がその雰囲気好む人の方が良いでしょう。昔ながらの雰囲気と言っても、最近は和モダンな家も増えているので、工夫してそのようなデザインを取り入れるのは良いです。